論文掲載情報

モーションキャプチャと言われる動作分析装置は高価で、たくさんのマーカーを正確に身体にはりつける等の手間や時間がかかるものでした。鑑AKIRA®は、非接触で身体の姿勢や動作、関節可動域を3次元データとして計測、記録することができるので効率的にデータ収集ができます。

研究機関向けアカデミック版もご用意しております。詳細につきましてはお問い合わせください。

 

下記の研究等で鑑AKIRA®が使用されました。


論文雑誌名 : Neurology International

発行年月 : 2022年9月13 online

巻(Vol.)号:Neurol.lnt.2022,14(3),727-737

表題:パーキンソン病患者の重症度指標の候補として3次元歩行および動作解析によって測定された首と体幹の前方および横方向の傾斜角

 

著者 :  松本博文 1,白石眞 1,東有明 2,日野栄絵 1,鏑木真弓 1,水上平祐 1,眞木二葉 1,3,山内淳司 4,田辺健一郎 4,佐藤知雄 4, 山野嘉久 1,4

所属先:

1 聖マリアンナ医科大学神経内科

2 株式会社システムフレンド

3 川崎市新百合ヶ丘総合病院神経内科

4 聖マリアンナ医科大学医学部希少疾患研究部 

 

https://www.mdpi.com/2035-8377/14/3/61 



論文雑誌名 : Journal of Orthopaedic Science

発行年月 : 2022年5月12 online

巻(Vol.)号:

表題:高齢者におけるロコモティブシンドロームの臨床予測ルール:決定木モデル

 

著者 : 田中 繁治a,b鄭 勳九b山科 俊輔b井上 優b中島 典子c田中亮b

所属先:

a 神奈川県立保健福祉大学リハビリテーション学部

b 広島大学大学院人間社会科学研究科

c 株式会社システムフレンド

 

http://dx.doi.org/10.1016/j.jos.2022.04.008



論文雑誌名 : Front Neurol

発行年月 2021年2月11日 online

巻(Vol.)号:

表題:脳卒中後の運動障害を定量化するための新しいソフトウェア:ケースコントロール実現可能性パイロットスタディ 

 

著者 : Raquel Gutiérrez Zúñiga,1 María Alonso de Leciñana,1, Alejandro Díez,2 Gabriel Torres Iglesias,1 Alejandro Pascual,3 東有明,2 Jorge Rodríguez Pardo,1 David Hernández Herrero,4 Blanca Fuentes,1 and Exuperio Díez Tejedor,1 

所属先:

1ラパス健康研究所-IdiPAZ、ラパス大学病院、マドリッド自治大学、マドリッド、スペイン、病院神経学および脳卒中センター科

2株式会社システムフレンド、広島県広島市

3スペイン、マドリード工科大学

4ラパス健康研究所病院リハビリテーション科-IdiPAZ、ラパス大学病院、マドリッド自治大学、マドリッド、スペイン

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7928282



論文雑誌名 : Journal of Biomechanics
発行年月 : 2020826 online
巻(Vol.) : Volume 109, Article 109929

表題 :平地やトレッドミル歩行時の体幹・腰・膝の角度を計測するマーカーレスもションキャプチャシステムの信頼性

  

著者 田村拓之b 田中亮a,b 川西弘通c

所属先:

a 広島大学大学院人間社会科学研究科

b 広島国際大学リハビリテーション学科

c 株式会社システムフレンド

 

https://doi.org/10.1016/j.jbiomech.2020.109929 



論文雑誌名 : 学会誌 Hip Joint(日本股関節学会誌)
発行年月 : 2020
巻(Vol.) 
46号 1ページ: 12-19

表題 :人工股関節手術による健康寿命延伸について-股関節手術の新たな意義を考える-

  

著者 泉田良一

所属先:

江戸川病院慶友人工関節センター

 

出版社サイト: http://hip-society.jp/paper/



論文雑誌名 : 臨床バイオメカニクス (日本臨床バイオメカニクス学会誌)
発行年月 2019年 10月 1日
巻(Vol.) : 40  ページ: 219-222  発行年:2019年 10月 1日

表題 Kinectを応用した動作分析装置「鑑(あきら)」の歩行分析機能における正確性の検証

 

著者 古郡宏行※1, 泉田良一※1, 名倉武雄※2, 畔柳裕二※3

所属先:

※1江戸川病院慶友人工関節センター, ※2慶應義塾大学整形外科学教室, ※3伊勢原協同病院整形外科

 

出版社サイト: 臨床バイオメカニクス 40巻(日本臨床バイオメカニクス学会) | 医学文献検索サービス メディカルオンライン (medicalonline.jp) 



論文雑誌名 : Journal of Medical Engineering & Technology
発行年月 : 2019624 online
巻(Vol.) : Volume 43, 2019 - Issue 2, Pages 133-138

表題 : マーカレスモーションキャプチャシステムを用いた機能リーチテストにおける動作ストラテジーの分類精度

 

著者 田中亮a,b、石川優希b、山崎貴博b、アレハンドロディエスcAlejandro Diez

所属先:

a 広島大学大学院人間社会科学研究科

b 広島国際大学リハビリテーション学科

c 株式会社システムフレンド

 

https://doi.org/10.1080/03091902.2019.1626504



論文雑誌名 : Medical Engineering and Physics
発行年月 : 2019221 online
巻(Vol.) : Volume 66, April 2019, Pages 91-95

表題 : マーカレスモーションキャプチャシステムを用いた座位立位動作時の全身重心測定
 

著者 田中亮、石井芳樹、山崎貴博、川西弘通b

所属先:広島国際大学リハビリテーション学科,  b 株式会社システムフレンド

 

https://doi.org/10.1016/j.medengphy.2018.12.020



論文雑誌名 : Journal of Medical Engineering & Technology
発行年月 : 2018530 online
巻(Vol.) : Volume 42 Issue 3 Pages 175-181
表題 : マーカレスモーションキャプチャシステムを用いた歩行時の全身重心の妥当性

 

著者 田中亮、窪田拓也、山崎貴博、東有明b

所属先:広島国際大学リハビリテーション学科,  b 株式会社システムフレンド


https://doi.org/10.1080/03091902.2018.1449909



論文雑誌名 : Gait & Posture
発行年月 : 20185
巻(
Vol.) : Vol.62 P458-462
表題 股関節障害患者の片足姿勢評価のためのKinectシステムを用いた動作解析の有効性

 

著者 : 浅枝諒a,b、桑原渉c、藤田直人c、山崎琢磨d、安達伸生b,e

所属先:

a 広島大学医学部附医科リハビリテーション部

b 広島大学医学部附スポーツ医療センター

c 広島大学大学院医歯薬保健学研究科 広島大学大学院医歯薬保健学研究科 医歯薬学専攻 人工関節・生体材料学分野

広島大学大学院医歯薬保健学研究科 整形外科 医歯薬学専攻

 

https://doi.org/10.1016/j.gaitpost.2018.04.010



論文雑誌名 : 整形外科  (Orthopedic Surgery)
発行年月 2018年05月01日 
巻(
Vol.) 
69  号: 5  ページ: 456-459

表題 マーカーレス動作分析装置を用いた人工股関節手術前後の歩行分析

 

著者 : 泉田良一、逸見治、古郡宏行、加藤正二郎、 畔柳裕二b

所属先:

江戸川病院 慶友人工関節セ、b防衛医科大学校 整形外科

 

出版社サイト:整形外科(Vol.69 No.5)(2018年5月号): 雑誌/南江堂 (nankodo.co.jp)



論文雑誌名 : Journal of Biomechanics
発行年月 : 2018411
巻(
Vol.) : 71 P281-285
表題 :歩行評価のための平面上でマーカレスモーションキャプチャシステムによって測定された時系列運動データの妥当性

 

著者 : 田中亮、瀧本陽香、山崎貴博、東有明b

所属先:広島国際大学リハビリテーション学科,  b 株式会社システムフレンド

 

https://doi.org/10.1016/j.jbiomech.2018.01.035



論文雑誌名 : 東日本整形災害外科学会雑誌
発行年月 : 2017年8月15日
巻(
Vol.) 
29 (3) 412-412, 2017.

表題 動作分析装置「鑑(あきら)」の歩行分析機能の正確性についての検討

 

著者 : 泉田良一, 逸見治, 古郡宏行, 加藤正二郎b

所属先:

仁生社 江戸川病院 慶友人工関節セ, b 仁生社 江戸川病院 整形外科 

 

出版社サイト:J-STAGE  東日本整形災害外科学会雑誌 (jst.go.jp)